若林奮

作家情報

国籍
日本   
生年月日
1936/01/09 
享年
2003 
性別
男 
概要
日本の彫刻家。
東京都町田市出身。東京都立立川高等学校、東京芸術大学美術学部彫刻学科卒業。鉄、銅、鉛などの金属素材を用いて自然をモチーフとした彫刻を制作した。1980年、1986年のベネチア・ビエンナーレに出品。武蔵野美術大学、多摩美術大学教授を歴任した。詩人の吉増剛造や河野道代と共同制作を試みている。また700点の銅版画作品も制作しており、吉増剛造は没後に銅板を譲り受けてオブジェ作品を制作している。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E6%9E%97%E5%A5%AE
 
来歴
1936年 1月9日 東京都町田町原町田1番地に生まれる。
1955年 4月 東京藝術大学美術学部彫刻科に入学。
1959年 3月 東京藝術大学美術学部彫刻科を卒業。基礎実技教室の副手となる(~1961年3月)。
6月頃 浜素紀の研究室で自動車製作に参加。
1962年 第47回二科展で金賞受賞。翌年、二科会会員となる(1966年に退会)。
1964年 町田工業高校美術講師となる(~1967年3月)。
1967年 第2回現代日本彫刻展で神奈川県立近代美術館賞受賞。
1968年 2月頃 再び濱研究室で自動車製作に参加。
5月 小金井に仕事場を持つ。
1969年 第9回現代日本美術展で東京国立近代美術賞受賞。
1971年 4月 淀井彩子と結婚。
1972年 3月 エジプト、ギリシャ、フランスを旅行。
1973年 10月 文化庁芸術家在外研修員として渡欧、パリに住む。帰国までにエジプト、イギリス、スペインを訪れる。翌年、11月帰国。
1975年 4月 武蔵野美術大学助教授となる(1984年教授を辞す)。
1977年 第7回現代日本彫刻展で東京都美術館賞受賞。
1980年 6月1日~9月28日 第39回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品(日本館コミッショナー:岡田隆彦)、他に榎倉康二、小清水漸が参加。
1984年 3月 西多摩郡瑞穂町にアトリエを持つ。
1985年 軽井沢・財団法人高輪美術館(現・セゾン現代美術館)の庭園を制作。
1986年 宗教法人・神慈秀明会本部(滋賀県甲賀郡信楽町)の庭園を手がけはじめる。
第42回ヴェネツィア・ビエンナーレに出品(日本館コミッショナー:酒井忠康)、他に眞板雅文が参加。
1989年 青梅市今井にアトリエを移転。
1995年 秋頃 東京都西多摩郡日の出町に東京都が建設しているゴミ処分場に反対する運動に協力して敷地内のトラストの土地に庭を造るプロジェクトをはじめる。
1997年 10月 第27回中原悌二郎賞受賞。
1998年 青梅市御岳にアトリエを移転。
1999年 多摩美術大学教授となる。
2003年 2002年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞(美術部門)。10月10日に逝去。
引用元:https://g-tokyohumanite.com/artists/wakabayashi_isamu.html
 
ウェブサイト
http://www.wakabayashi-studio.com/ 

取引情報

日時 作品名 取引場所 落札額 備考
2019/04/26  Blue Drawing #22  SBIオークション(日本/東京)  195,500円  額装に沿って軽い焼けがあります。左右上角にピンホールがあります。 
2019/04/26  Copper Drawing No. 22  SBIオークション(日本/東京)  690,000円  概ね良好ですが、性質上による銅の変色があり、ところどころ軽い引っかき傷があります。 
日時
2019/04/26 
作品名
Blue Drawing #22 
取引場所
SBIオークション(日本/東京) 
落札額
690,000円 
備考
額装に沿って軽い焼けがあります。左右上角にピンホールがあります。 
日時
2019/04/26 
作品名
Copper Drawing No. 22 
取引場所
SBIオークション(日本/東京) 
落札額
690,000円 
備考
概ね良好ですが、性質上による銅の変色があり、ところどころ軽い引っかき傷があります。 

取引グラフ

流通額(円換算)
流通数
平均単価(円換算)
落札率
作品数
落札額/見積HIGHの平均

作品一覧

種別
技法
マテリアル

作品が存在しません。