エミリオ・スカナヴィーノ Emilio Scanavino

作家情報

国籍
イタリア   
生年月日
1922/02/28 
享年
1986 
性別
男 
概要
イタリアの画家、また彫刻家。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E
 
来歴
1960年 スポレート賞、サッサリ賞、ヴァレーシア賞、リーニャーノ賞を受賞。第三十回ヴェネツィア・ビエンナーレへの個展開催の依頼を再度受ける。
1962年 カリーチェ・リグーレに古い家を買い、アトリエに作り変える。その後ミラノでジャンニ・マラバルバという美術収集家と知り合い友情を結ぶ。
1963年 ラ・スペツィア賞の受賞後、7年来の親友でスカナヴィーノを献身的に支えたカルロ・カルダッツォが突然死去。親友の死はスカナヴィーノをひどく苦しめた。しかし、カルロの兄弟であるレナト・カルダッツォが美術商の仕事を引き継ぎ、スカナヴィーノの名をイタリアだけでなく世界中に広めることに大きく貢献した。
1966年 第三十三回ヴェネツィア・ビエンナーレで再度個展を開催。ピニンファリーナ賞を獲得した。
1968年 カリーチェ・リグーレへ多数のアーティストを集めて小さな共同体を作る。
1970年 メントーネ・ビエンナーレのグランプリ賞を受賞、雑誌「ウオモ・エ・ラルテ」の編集長であり、美術収集家でもあるフランコ・カステッリと親睦を深めた。カステッリはスカナヴィーノを大きく支持した。
1971年に大きな手術を乗り越え、新しいスタイルの開発を研究する。カリーチェ・リグーレで働くかたわら、ベルギー、フランス、ドイツへ旅行した。その後1973年から1974年にかけて、ダルムシュタットのクンシュタッレはスカナヴィーノ名作展を開催した。名作展は1974年にヴェネツィアのパラッツォグラッシとミラノのパラッツレアーレでも開催された。
1982年、病状の悪化にもかかわらず仕事を継続、公共施設や民間施設で様々な展示会を開催。1986年にはローマのクアドリエンナーレディアルテへ作品を出品した。1986年11月28日にミラノで亡くなった。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E
 
ウェブサイト
 

取引情報

日時 作品名 取引場所 落札額 備考
2020/02/19  ROSSO E GRIGIO  サザビーズ  2,268,750円   
日時
2020/02/19 
作品名
ROSSO E GRIGIO 
取引場所
サザビーズ 
落札額
2,268,750円 
備考
 

取引グラフ

流通額(円換算)
流通数
平均単価(円換算)
落札率
作品数
落札額/見積HIGHの平均

作品一覧

種別
技法
マテリアル
  • ROSSO E GRIGIO

    エミリオ・スカナヴィーノ Emilio Scanavino

作品が存在しません。