ジョアン・ミッチェル Joan Mitchell

作家情報

国籍
アメリカ   
生年月日
1925/02/12 
享年
1992 
性別
男 
概要
ニューヨーク・スクールの「second-generation」のメンバーとして最もよく知られています。
引用元:https://www.hollistaggart.com/artists/143-joan-mitchell/
 
来歴
シカゴに生まれる。父は美術を愛する医学界の名士、母はT.S.エリオットやE.パウンドを世に出した『詩』誌の編集者で詩人。幼少期から美術とスポーツに親しむ。自由な校風のF.W.パーカー校を経てスミス・カレッジに学び、1944年より奨学金を得てシカゴ・アート・インスティテュートに学ぶ。1948-49年、奨学金によりパリに滞在、病を得たがパーカー校時代の旧友と結婚しニューヨークに帰った。1950年秋ミネソタで最初の個展、F.クライン、デ・クーニングらと交友する。翌年離婚、八番街アートクラブの会員に推される。1955年パリを再訪、後に夫となるジャン=ポール・リオペルを知り、パリにもアトリエを持った。1957年以降、フランケンサーラーらとともに「抽象表現主義の第2世代の画家」と評されるようになる。1959年より専らパリで制作。1967年に母が没するが、その遺産でかつてモネが住んだヴェトゥイユに土地を求め、翌年から定住。広壮なアトリエを得、やがてポリプティック絵画に専念していく。1974年ホイットニー美術館でヴェトゥイユにおける作品による個展。オール・オーヴァー絵画に焦点を絞っていく。1979年リオペルと別れる。1982年パリ市立近代美術館でアメリカの女流画家として最初の個展を開いた。1984年より癌に苦しむ。1988年シカゴ・アート・インスティテュート名誉博士号、翌年フランス絵画国家大賞、1991年パリ市芸術大賞を受けた。1989年、ニューヨークのロバート・ミラー画廊で最初の個展、以後同画廊はミッチェル紹介に努めることとなる。肺癌によりパリの病院に没するが、その最期まで旺盛な制作欲をみせた。
引用元:http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/_archive/collection/item/O_128_1108_J.html
 
ウェブサイト
http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/_archive/collection/item/O_128_1108_J.html 

取引情報

日時 作品名 取引場所 落札額 備考
2020/04/29  SIDES OF A RIVER II  サザビーズ  2,725,000円   
2019/05/16  Untitled  クリスティーズ  98,820,000円   
2019/05/16  Landscape for a Friend  クリスティーズ  325,620,000円   
2018/11/15  Russian Easter  クリスティーズ  953,750,000円   
日時
2020/04/29 
作品名
SIDES OF A RIVER II 
取引場所
クリスティーズ 
落札額
953,750,000円 
備考
 
日時
2019/05/16 
作品名
Untitled 
取引場所
クリスティーズ 
落札額
953,750,000円 
備考
 
日時
2019/05/16 
作品名
Landscape for a Friend 
取引場所
クリスティーズ 
落札額
953,750,000円 
備考
 
日時
2018/11/15 
作品名
Russian Easter 
取引場所
クリスティーズ 
落札額
953,750,000円 
備考
 

取引グラフ

流通額(円換算)
流通数
平均単価(円換算)
落札率
作品数
落札額/見積HIGHの平均

作品一覧

種別
技法
マテリアル

作品が存在しません。