エドゥアール・ヴュイヤール Édouard Vuillard

作家情報

国籍
フランス   
生年月日
1868/11/11 
享年
1940 
性別
男 
概要
モーリス・ドニ、ピエール・ボナールらとともにナビ派の1人に数えられる。ヴュイヤールの画面は、他のナビ派の画家よりもさらに平面的、装飾的傾向が顕著である。室内情景など、身近な題材を好んで描き、自ら「アンティミスト」(「親密派」という程度の意味)と称した。生涯独身を通し、酒もたしなまなかったヴュイヤールの絵画は、その渋い色調ともあいまって、穏やかな人柄を彷彿とさせる。晩年の1937年にはパリのシャイヨー宮の室内装飾を担当している。日本美術に影響を受け、日本風と西洋絵画を融合した屏風絵なども多く描いた。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%83%A5%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%AB
 
来歴
1868年、ソーヌ=エ=ロワール県キュイゾーに生まれる。その後パリに移る。リセ・コンドルセ(英語版)で学んでいたときにケル・グザヴィエ・ルーセル、モーリス・ドニらと出会った。
1885年にリセ・コンドルセを卒業し、ルーセルの助言で、ルーセルとともに画家ディオジェーヌ・マイヤールの工房で絵画を学んだ。1886年から1888年はアカデミー・ジュリアンで学んだ。1887年に、国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)の入学試験に合格した。1890年までにピエール・ボナール、ポール・セリュジエと知り合い、「ナビ派」のメンバーになった。画廊「Le Barc de Boutteville」で開かれた展覧会に出展し、後にボナールやモーリス・ドニとスタジオを共有した。1890年代には「作品座」(Théâtre de l'Œuvre)の美術部門で働いた。
1898年にヴェネツィアとフィレンツェを訪れたのを初め、ロンドンやイタリア、スペインを訪れた。1901年かでアンデパンダン展に出展し、1903年からにサロン・ドートンヌ出展した。装飾画や雑誌の挿絵も描いた。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%83%A5%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%AB
 
ウェブサイト
 

取引情報

日時 作品名 取引場所 落札額 備考
2020/03/19  LES DEUX BELLES-SOEUR (ROGER-MARX 43)  サザビーズ  665,000円   
日時
2020/03/19 
作品名
LES DEUX BELLES-SOEUR (ROGER-MARX 43) 
取引場所
サザビーズ 
落札額
665,000円 
備考
 

取引グラフ

流通額(円換算)
流通数
平均単価(円換算)
落札率
作品数
落札額/見積HIGHの平均

作品一覧

種別
技法
マテリアル
  • LES DEUX BELLES-SOEUR (ROGER-MARX 43)

    エドゥアール・ヴュイヤール Édouard Vuillard

作品が存在しません。